ミーティングでシェア

 さいとうクリニックには色々なミーティングがあります。
 シェア(話すこと)は難しいと感じるかもしれません。大変だと感じるかもしれません。話すのが苦手なので話せないと思っているかもしれません。人前で話すと考えがまとまらないと思っているかもしれません。
 それでも、少しずつ話をしてみませんか。話すということは、手放すということにも繋がります。自分を縛り付けている考えなどから離れていくことも少しずつできるのではないでしょうか。
 話せない事は話さなくてかまいません。話せることから話してみませんか。  くろねこ
スポンサーサイト

治療の流れ 「なぜこの映画」より ①

 以前、斎藤講演でお勧めした「英国王のスピーチ」を先週金曜日に再度プログラムで放映しました。
 今月の斎藤講演のラインナップが英国物なので再放送になったのですが、この「英国王~」は度々斎藤先生がクリニックのクライエントさん向けの「なぜこの映画?」というコラムで扱った映画でもあります。観たことがない方もいらっしゃると思うので、今回は序文を掲載したいと思います。(現在は配布していないプリントですが、ティールームで閲覧は出来ます)

なぜこの映画?   Dr.斎藤講演 今回の映画(5/23・5/30)   
「フォレスト・ガンプ」「英国王のスピーチ」   
 映画「フォレスト・ガンプ」と「英国王のスピーチ」を観て頂くにあたって、皆さんに私の考え方をお伝えしたいと思います。これら二つの映画は私の治療法(症状行動の修正法)をよく説明しているからです。以下に私の考え方を列記します。
 症状行動の修正ということ
 皆さんは各人各様の「精神症状」や「症状行動」を抱えています。アルコール依存であれば飲酒が症状行動です。不潔恐怖であれば手を洗い続けることがそれにあたります。だから飲酒や手洗いを我慢できるようになる何らかの工夫が治療です。
 統合失調症やうつ病の場合はちょっと複雑ですが、ここでも妄想・幻覚や抑うつ気分を基盤として生じる異常行動は、行動そのものを「しない」=「我慢する」ことで生活を安定させることができ、その結果として脳内の神経伝達物質(脳内ホルモン)の分泌も調整がとれるようになり、病状が改善します。以前に書いたように「ビューティフル・マインド」のナッシュ教授は、かつてのライバルに「病気はもう治ったのかい?」と問われて、「いや、まだ(幻覚上の人物たちが)見えるんだよ。話しかけてくる。ただ、今は彼らに話しかけたいという誘惑を我慢しているだけなんだ」と答えています。 
 この後はクリニックで。(くろねこ)


フォレスト・ガンプ [DVD]フォレスト・ガンプ [DVD]
(2006/07/07)
トム・ハンクス、ゲイリー・シニーズ 他

商品詳細を見る

英国王のスピーチ スタンダード・エディション [DVD]英国王のスピーチ スタンダード・エディション [DVD]
(2012/08/02)
コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ 他

商品詳細を見る

ビューティフル・マインド [DVD]ビューティフル・マインド [DVD]
(2012/09/14)
ラッセル・クロウ、エド・ハリス 他

商品詳細を見る

プロフィール

saitoclinicstaff

Author:saitoclinicstaff
さいとうクリニックの職員が書いています。
プログラムの説明や日々の変更などもアップしていきますので見ていただければ幸いです。
斉藤先生のブログはこちら

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR