スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の読書

 学生時代の気分に浸りながら、深夜ラジオをアプリで聴きつつ本を読んでみた。全く本の内容が入ってこないのですぐにやめる。ラジオはくだらない内容。でもそれがいい。学生時代気分にひたりきる。学生時分は親に隠れて深夜ラジオを聴き、翌日友人達とその内容で盛り上がる。洋楽にはまっていたころは誰のどういう音楽がステキだとか新曲聴いたかとかそういう話が中心。今となってはそういうことを話すこともなくなったが。
 そうやって聴きながらふと思う。誰かが話していた面白い話を、自分でだれかに面白い話として再現するのはむずかしい。その人の味を上手く表現し切れていない気がする。仕方が無いのだが、それが出来るのが落語だったりする。
 そこで最近自分の中でヒットしているのが「昭和元禄落語心中」というマンガ。落語をマンガで表現して、上手く味が出る形にしている。今、深夜でアニメ放映中らしいがそれはどうでもいい(お好きな方はどうぞ)。本になっているのがステキな感じがする。
 以前いたドクターではないので落語の知識なんて高が知れている。でもそんな知識なんて無くてもいいのだ。話をするという雰囲気を感じられるので一度読んでみてはいかが?  (赤ネコ)
 
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

saitoclinicstaff

Author:saitoclinicstaff
さいとうクリニックの職員が書いています。
プログラムの説明や日々の変更などもアップしていきますので見ていただければ幸いです。
斉藤先生のブログはこちら

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。